読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上杉が長瀬実夕

蟹は旬の贈り物としてもポピュラーです。おしり合いや家族に、お歳暮として新鮮な蟹を贈るというケースが多くなってきました。ですが、通販で蟹を送る場合、気をつけるべきことがあります。

蟹は新鮮さ命です。



鮮度が損なわれれば、それだけ美味しくなくなりますし、新鮮でない蟹を食べるとオナカを下すことだってありえます。



そんな事態を避けるためにも、蟹を贈る際には、必ず信用できる業者から購入しましょう。また、相手のご家族が在宅している時間に届くように発送するようにするべきですね。
オイシイ蟹をお得に買える蟹通販は、とても便利な方法ですが、ただ便利なだけではなく、気をつけなければ失敗する点もあるのでおぼえておきましょう。タラバ蟹を買う最には、以下のことに気をつけてください。まず、蟹の大きさや新鮮さといった重要ポイントをよく見て確認しておく必要があります。


写真からでは判断がつかないことも多いので、説明文も併せてチェックすることが必須です。通販ホームページでは利用者のレビューを見られることも多く、これもまあまあ役に立つものです。


ズワイガニのメスはセコガニという名称で呼ばれることがあります。
土地土地で違いがあり、セイコガニと呼ばれたり、香箱ガニと呼ばれたりすることもあるでしょう。ズワイガニの雄では、カニ味噌(独特の風味がたまりませんね。

それが苦手という方もいますが・・・)も美味しくいただけますが、通常脚の身が好まれることが多く、ゆでガニにしたり、焼ガニにしたり、鍋に入れて食します。それに比べて、セコガニは小さいため、脚の身は少ししか食べられませんが、内子や味噌、そして外子が上手く配合されており、むしろ、こうしたところをゆがき、いわゆる「珍味」として好まれることが多いです。安くてカニを食べるには、どうしたらいいと思いますか?大抵の方々が蟹が最も安く手に入れるには、スーパーで購入するのが一番と思われるかも知れません。


いえいえ実は、それ以上にお買い得な値段で蟹が手に入る方法があります。
どういった方法があるのか、それは、通販です。

通販でワケありの蟹を購入することが最も安く買えるのです。
この手段を利用することで、最も安く蟹が買えます。
多少の見た目の良しあしに拘らない人にはオススメです。
現在、インターネットには沢山の蟹通販の業者が出店しており、全国各地で水揚げされた新鮮な蟹を購入できるようになりました。


でも、実物を見ないで買うのはちょっと不安という方もいますよね。

どう選べばいいか分からない方もいるでしょう。そんなときには、既に購入した人の声である「レビュー」を確認して選ぶのをお勧めします。しかし、インターネット上のレビューをすべて盲目的に参考にするのはダメです。まずは、レビューの中にはサクラが紛れ込んでいることを常に意識することです。
わかりやすいのは、レビューの件数が少ないにもか変らず、そのすべてが似たような文章の高評価だという場合、とりあえずサクラだと思っておけばいいでしょう。

毎年楽しみにしている蟹の時節がやってきました。


蟹の魅力を味わい尽くすべく、長期の休みを使って北海道へ飛ぶのが、ここ数年の習慣になっていますのです。


蟹のオイシイお店はたくさんありますが、中でもオキニイリは、私の知人が包丁を振るっている、函館市内の店舗です。ここは隠れた穴場ですよ。


他では味わえないような、新鮮さをいかした蟹料理の数々に存分に舌鼓を打つことが出来るのです。私が北海道に行く主な目的がそのお店だといっても過言ではありません。
蟹の魅力といえば、定番である脚の身はもちろんのこと、同じくらいオイシイのが蟹ミソです。蟹ミソの旨さを味わい尽くせる蟹は何かと聴かれたら、蟹の中でも毛ガニが一番のオススメです。



http://ieo9rtmwemtvb1mniiee.cocolog-nifty.com/
毛ガニのミソは甘くクリーミーな味わいで知られ、新鮮な蟹ならあらゆる蟹の中でも絶品と言われる味を楽しめます。蟹ミソにほぐした身肉をからめて食べるのもまたオイシイです。
酒好きでもある私には欠かせません。


一度は利用してみたいのが蟹通販。
業者を選ぶときには、数えきれないほどの選択肢から業者を絞り込むことになりますが、損をしないために気をつけるべき点をご説明します。業者の信用に関わってくるのは「人」です。


良い業者には、良質な蟹だけを仕入れる「目利きのプロ」がいて、このプロフェッショナルが責任をもって蟹の産地まで出向き、厳しい査定をクリアした、優良グレードの商品だけを仕入れてくるので、消費者としては安心です。


品質後回しで価格を下げているような業者はダメです。


品質重視のところを選ぶのが、蟹通販を利用するポイントです。上手く知って活用しましょう。